エアロビクスとコリオ、そして、音楽。

エアロビクスの醍醐味の一つがコリオ(振り付け)です。初心者クラスだと基本的なエアロビクス動作の組み合わせで構成されますが、それでも音楽に合わせてピタッと決まると気持ちいいものです。

ただ、エアロビクスに慣れてきて、初級クラスから上のクラスにステップアップすると、動きについていけないことが多々あります。インストラクターによってコリオの構成も変わってくる訳ですが、かなりアレンジが加わってきて、ダンスの要素も強くなってきたりしますからね。

体力的に問題があったのなら、初級クラスでじっくり体力をつけることが先決となりますが、振り付けについていけなくて不完全燃焼の場合は、恥ずかしさだったり悔しさばかり残ったりするものです。

まあ、これも経験で解決していく問題ではありますが、自宅でこっそり練習するのもいいですね。覚えてる分だけでいいので、その日行ったコリオを復習してみましょう。音楽はレッスンと同じものを使う必要はありません。ピッチコントロール出来るプレイヤーがあると、色んな音楽で踊れるので便利です。

おけいこラジカセ

⇒ 遅聞き・早聞きCDダブルラジカセ機能搭載!新おけいこラジカセ

ある程度エアロビクスに慣れてきても、初めてのインストラクターのレッスンでは誰もが戸惑います。逆に言えば、同じインストラクターのレッスンに出続ければ、多少高いレベルのレッスンでもすんなり踊れたりするということです。

もちろん、踊ることの楽しさだけがエアロビクスではありません。単純にフィットネスの一環と割り切っている人も大勢いますし、一番大事なのが基本的な動作ということも忘れてはいけません。